リレー製品(電線)

システムとは

システムとは、「相互に作用しあう要素(部分)の集まりであって、全体として機能をもつもの」と定義する事が出来る。

例えば、5人それぞれ個別の役割を持った人間がいるとする。1人目が、製品の組み立てをする人、2人目がその製品の搬送をする人、3人目が出荷、4人目が販売、5人目が1人目から4人目までの働きを管理する役割を持った人。
この5人を2人と3人に分けて、それぞれ個別に機能させても、5人がひとまとまりとなり行っていた「生産、搬送、出荷、販売、作業管理」という機能は達成できない。
すなわちシステムとは、個別の要素(部分)が互いに依存していて、全体として機能を持つものとされる。

△システムの経済
システムを構築する際には実際にかかる技術料や人件費のほかにも材料費を意識することでより経済的なものとなります。

リレーなどの小さなパーツの配分をする際にも、それらの価格を一つ一つ吟味するとより適切なものにしたり節約することが可能になるのです。
この際に注意するべき点としては、セキュリティや安全性を考慮したうえで必要十分を満たすことを優先するというものです。
機能を満たさない安いものにすることは互換性がないという点は留意しなければいけないのです。

△制御システム設計
制御システムを構築するに当たってまず一番に考慮しなくてならないのは、何を目的としているのかということです。
それには、目の前課題のみならず制御システム全体の設計から逆算して部材選定に当たる必要があります。

また、その目的を達成するための構築に当てられる予算、リレーその他部材の価格の洗い出し、納期等々を勘案し総合的に検討する必要があります。
複雑になればなるほど故障率も上がるということ、構築後のメンテナンスの簡便さも念頭に置いて設計することも生産性を高める要素として非常に重要な事です。
いかにラインを止めないか、非常時に最小限の時間に食い止められる設計が出来るかが設計者の腕の見せ所になります。

リレー製品(電線)と背景

一般リレー価格の現状

一般リレー価格の現状ですが、現在国内シェアの大手3社の中でも若干の差があります。
電磁継電器と呼ばれるこのシステムはテレビのリモコンなど私たちの生活に大変密着しているため需要も多く、スペックと共にコストも大切な要素です。

大手3社の中でも同様のスペックで価格の安い企業の製品が注目を集めていますが、多種多様な製品のラインナップを制限してコストを削っており、そのため企業ごとのオーダーには柔軟に対応してシェアを伸ばしています。

△価格の必要性
価格は消費者が損をしないで買い物をするための基準として必要なものです。
もしも、その基準がなかったとすると、消費者は商品を選ぶときの基準がなくなってしまうため、無駄に高いお金を出して購入をしてしまうと言う事があるからです。
そのためにも、法律でもしっかりと定められており、消費者を保護するようになっています。

消費者はその基準となる価格を参考にして、他よりも安い、他よりも高いと言う判断をして購入をすることになります。

リレー製品(電柱の配線)

価格の概要

品物や製品などの有形の商品や、サービスを含む無形の商品の取引の際に、商品の価値の指標となるものです。

そもそも商品の取引は、貨幣が存在しなかったその昔は、商人と顧客同士の物々交換によって行われていました。
商人が顧客に求める、「商品と引き換えになるもの」が一昔前の価格といえるでしょう。貨幣が用いられるようになると、価格は、貨幣によって表されるようになり、市場の需要供給システムの変動に応じて変化をするようになりました。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031